Home優遇制度・奨学金制度

優遇制度・奨学金制度

優遇措置

1週間に5日以上及び18時間以上の授業時数のある等一定の要件を満たした学校は、学校からの申請によって、JRなどの学割運賃の適用指定を受けられます。(各学校へご確認ください)

奨学金制度(平成29年度)

1. 独立行政法人日本学生支援機構

Webサイトhttp://www.jasso.go.jp

お問い合わせ先 在学する学校の奨学金担当係

奨学金の申込み・相談は在学する学校を通じています。(募集の時期は、在学する学校に確認してください。)

第一種奨学金(無利子)

区分 専門課程(私立)
学力基準 高校2~3年の成績が5段階評価で平均3.5以上、
高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定の合格者又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人
年収・所得の上限
(4人世帯の目安)
(給与所得世帯)747万円
(給与所得以外の世帯)349万円
貸与月額(自宅通学) 3万、5万3千円から選択
貸与期間 平成29年4月分~卒業する(標準修業年限の終期)まで

第二種奨学金(有利子)(在学中は無利子、卒業後年利3%を上限とする利子付き)

学力基準 次のいずれかに該当する者
  1. 高等学校等における成績が平均水準以上と認められる者。
  2. 特定の分野において、特に優れた資質能力があると認められる者。
  3. 学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。
  4. 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定の合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者。
年収・所得の上限
(4人世帯の目安)
(給与所得世帯)1,100万円
(給与所得以外の世帯)692万円
貸与月額(自由選択) 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円
貸与期間 平成29年4月分~卒業する(標準修業年限の終期)まで

専修学校(高等課程)奨学金について

専修学校(高等課程)の奨学金については公益財団法人兵庫県高等学校教育振興会
奨学資金第1課貸与係(TEL.078-361-6640)までお問い合わせください。

2. 国の教育ローン(日本政策金融公庫)

問い合わせ先 教育ローンコールセンター TEL.0570-00-8656 または、最寄りの日本政策金融公庫各支店

お知らせ 詳しくは、日本政策金融公庫HPをご覧ください。

1、申込資格
専修学校の修業年限が6ヶ月以上の専門課程、同じく6ヶ月以上の高等課程、各種学校等に進学される方の保護者で、世帯の年間収入が子供1人の場合790万円(事業所得者は590万円)以内の方
※子供の人数によって金額に変動あり
2、保証人
(公財)教育資金融資保証基金または連帯保証人
※進学者の4親等以内の親族を選任する
3、融資額
1人350万円以内
4、利率
年1.81%(金融情勢固定金利・保証料別)(H29.4月現在)
※母子家庭の場合は1.41%
5、返済期間
15年以内
6、返済方法
毎月元利均等返済 ボーナス月増額返済など

3. 兵庫県の入学資金貸与制度

問い合わせ先兵庫県専修学校各種学校連合会(078-391-7010)

兵庫県下の学校法人立専修学校高等課程(中学校卒業またはこれに準ずる学校の卒業者が入学できる課程)のうち、修業年限が3年以上の学科に入学する者の学費負担者に対し、入学納付金(授業料、教科書代、制服代等を除く)の貸与制度があります。

1、申込資格
兵庫県に住所を有する学費負担者の前年度の所得が基準額以下である者。
2、貸与額
1人30万円以内
3、利率
無利子
4、返済期間
3年以内
5、返済方法
毎年9月末と3月末(最終は卒業時)の均等6回払い

勤労学生控除について

一定の基準を満たした専修学校又は各種学校に在学していて、給与所得などの勤労による所得があり、合計所得金額が65万円以下等の条件に当てはまる方は、勤労学生控除(所得控除)を受けることができます。 控除額は、27万円となっています。
勤労学生控除を受ける場合には、在学する学校からの証明書の交付が必要となります。
勤労学生控除を受けられる学校か分からないときは、在学する学校の窓口にお問い合わせください。

国民年金学生納付特例制度

日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。詳しくは年金事務所又はお住まいの市区町村の国民年金担当窓口へお問い合わせください。